無銘図書館

映画『シン・ゴジラ』はゴジラたり得たのか

 この先、映画『シン・ゴジラ』のネタバレを含みます。未視聴の方はブラウザバックしていただくか、その辺りをご留意の上お読みください。

別にレジェゴジが嫌いなわけではないですよ?

 レジェゴジ(ギャレゴジ)といえばもちろんハリウッド版のマグロ食ってないほうのゴジラですが、あちらを見たときの私の印象は「ゴジラじゃなくてガメラだこれ」でした。正確に言うならゴジラの図体にガメラの要素が混じっている、でしょうか。というかその辺は金子監督もおっしゃっているんですね、今更知りました。

 あちらのゴジラは初代やVSシリーズのように恐竜が放射能を受けて異常進化したわけではなく、もともとああいう生物であったことが示されています。また、生態系の頂点であり調整役のような説明がありました。加えて、日本版と比べると人類に対する敵愾心はなく、むしろ蚊ほどにも思っていないような無視っぷり。とはいえシン・ゴジラが出るまでは歴代最大のゴジラですから、歩けば地震泳げば津波、吼えればそこいら大暴風と、まさしく生ける災害なわけですが。もっともそのあたりはガメラも、規模は違えど似たり寄ったり。特に平成三部作公式最終作である『邪神覚醒』の渋谷はそれが顕著です。

 まあこの辺は本当に今更言うようなことでもないでしょう。ただ、レジェゴジをゴジラではないと断じているわけではなく、あちらはあちらで『ハリウッドとしての完成されたゴジラ』として認識しているのでその辺はご理解いただきたく。なおレジェゴジに対する私の感想は『人間パートの冗長さはあるしゴジラ登場まで引っ張りすぎだけど、その分クライマックスの迫力はやばい。でも、見たかったゴジラとは微妙に違う』です。

よっしゃ開始早々ゴジラが出……誰だお前!?

 さてでは本題に入るとしましょう。ここからいよいよネタバレになるのでご注意を。

 今作のゴジラのビジュアルは皆さんご存知のとおりかと思います。造形に関する賛否両論は置いておくとして(あ、私は好きです。というかデザインという観点に関して言えば、どのゴジラもそれぞれの特徴があってすばらしいものであると思っています。イグアナは……まあ好きですがゴジラとしては見ていません)、その姿は確かにゴジラだった。

 そのゴジラ、映画開始から比較的早い段階で尻尾や背びれが登場します。そして日本へ上陸すべく川を遡上……え、遡上!? いやいや待て待て。百メートル超の図体が街中流れる川を遡上? まさか別の怪獣か? でもあの背びれは間違いなくゴジラだし……若干の混乱をきたす私をよそに、ついにそいつは全容を現しました。そして次の瞬間、私は心の中で叫ぶ羽目になります。仮にこれが自室だった場合、間違いなく口に出していたことでしょう。

「誰だお前……誰だお前!?」

 腹をこすりつけるようにして進む、蜥蜴ともワニともいえない珍妙な生物。後ろ足は見えるが前足は見えず、目玉は蛙のようにギョロっとしており、その皮膚もなんかぬめぬめしそう。長い首にはえらがあり、脈動するたびに赤い液体を滴らせる。それがまた気持ち悪さを引き立てる。というかほんとに誰なんだよお前。ゴジラというよりアンギラスといわれたほうがまだ納得いくわ。

 ぶっちゃけ、こいつがVSシリーズよろしくゴジラとやりあうんだと思っていました。この珍妙な化け物が、突如として立ち上がるまでは。え、やっぱお前がゴジラなの!?

 ……ゴジラでした。どうやらとんでもない勢いで進化する、まさしく化け物のような存在らしい。劇中では「そのうち空飛ぶかも」とか「剥離した肉片すら新たな生命体として増殖するかも」とか言われています。ちなみにこの気持ち悪い姿は早々に退散し、次に登場したときにはあの、見ようによっては人類をあざ笑っているかのような裂けた口を持つ姿へと進化を果たしています。

ゴジラたる所以

 ゴジラといえば強靭な皮膚、破壊神とも称される暴虐さ、そしてなんといっても放射熱線。そのいずれも、今作では満たしています。それもこれでもかというくらいに。

 二度目の上陸に際し、日本にとって明確な敵として認識されたゴジラ。これに対し自衛隊は総力を挙げての迎撃作戦を決行。保有するあらゆる兵器をぶつけます。その量たるやこれまでのゴジラ映画の中でも群を抜いていた印象でした。あるいは、特撮技術がそう見せただけかもしれませんが、少なくとも“通常兵器”が投入されたという意味においては間違っていないでしょう。

 これまでの日本製ゴジラ映画では、ほとんどすべてにおいて架空兵器が使用されています。オキシジェン・デストロイヤーに始まり、メーサー兵器、スーパーXシリーズ、メカゴジラ、モゲラ、機龍、轟天号などなど。一方の今作ではそれが存在しない。また、それらをもってしてもゴジラに出血を強いたのはごくわずか。

 閑話休題。現実に即した自衛隊装備での攻撃では、ゴジラに傷ひとつ負わせることができません。あれだけの大火力を叩き込んでかすり傷ひとつも与えられないとか、現実なら発狂しても誰も文句は言わないレベルです。しかし、そんな中で、一瞬とはいえ私が落胆したシーンがありました。

 米軍のB-2爆撃機によるMOPによる攻撃。これによって、ゴジラは初めて傷つき、血を噴き出します。MOPについては私はミリオタではないので詳しくは分かりません。簡単に言うと対象を貫通したあとで爆発する爆弾らしいです。とにかくその場面を見た瞬間、「ああ、このゴジラは通常兵器で倒せるのか」と、少しばかりがっかりしました。もっとも、また次の瞬間にはその思いは否定されることになるのですが。

 うずくまるゴジラ。そのとき、ゴジラがその口を大きく、本当に裂けるぐらいに(いや下あごはマジで裂けましたが。横に)開き、背びれや皮膚の隙間から見える赤い部分が青白く発光し始めます。もはや息をするように理解できる現象。待ちに待った放射熱線が(どちらかというと初代の火炎放射に近かったですが)……地面に向けて吐き出されました。

 放射熱線、地面に向けて。まさか、お前もやらかすのか……? 昭和シリーズでひときわ異彩を放っていたあの作品の中でもさらになお歪な色をたたきつけてきた、あれを。もしかして「そのうち空飛ぶ」ってそういうことなのか? そんなことした日には私は自分に定めた掟を破り捨てて今すぐ席を立つぞ。

 そう思った矢先、突如として顔を上げたゴジラ。その瞬間、炎は青白い光線状に変化し、上空を飛んでいたB-2を撃墜しました。ああ、よかった。お前はあんな飛び方をしてはいけない。というか放射熱線は射撃武器であって飛行用のアフターバーナーではないのだから、その使い方はまったく持って正しい……正しいけど、お前の熱線、細くね? レジェゴジのそれよりなお細くね? そんな細さで大丈夫か?

 ゴジラとしては大丈夫で、人類としては大問題どころか、マジでSAN値直葬ものでした。上記の熱線の直後、今度は背後から爆撃を行おうとしたほかのB-2。口から熱戦吐くならその死角から攻撃すればいいという当然の結論による判断でしたが、今度は背びれから大量の熱線を放射。挙句尻尾の先からも放射し始め、さらにそのまま尻尾はうねるわ首は動かすわ背中の分は縦横無尽に発射方向を変えるわで、都心周辺は瞬く間に瓦礫の山、山、山。あ、このゴジラあかんやつや。

 今までだって似たようなことをやったことはあります。言わずと知れた体内放射。ただしそれはほとんどの場合、組み付かれた際のカウンターであって、遠距離攻撃ではありませんでした。まして尻尾からもなんて反則もいいところ。こんなんバーニングゴジラやFWゴジラ並みの災害じゃないか。事実、この熱線によって東京は事実上壊滅します。

人類は勝てるのか?

 結論から言えば、辛勝します。いや、ゴジラは死んだわけではないので果たして勝利と呼べるものなのかはともかく、ひとまず当面の脅威は去ります。

 ゴジラに対する熱核兵器による攻撃が迫る中、米軍の無人戦闘機を大量投入し周辺のビルごと爆撃。地上からは無人新幹線爆弾(!)による急襲。さらに作中中盤辺りからすでに計画されていた血液凝固剤の経口投与によるゴジラの活動抑制。動きが鈍ったところに今度は無人在来線爆弾(!!)の大量投入。とどめの血液凝固剤追加。結果、多数の人命と東京の事実上の崩壊と引き換えに、ゴジラは眠りに就くことになります。東京への核兵器投入も、寸でのところで食い止められました。

結局どうだったのか

 そりゃもう面白かったです。怪獣が実際に出現したときに自衛隊がどう対処するかというのは、平成ガメラにおいてすでに描かれていますが、今回の敵はゴジラ。ガメラやギャオス、レギオンは通常兵器でもある程度対応可能でした。が、相手はあの怪獣王。いかに世界観がリセットされていようとも、その名に変わりはありません。その強大すぎる相手にどう挑んでいくのか、徹頭徹尾そこに主軸をおいた今作は、ある種ドキュメンタリー映画のようでもありました。

 また、映画の冒頭、いつもの東映のマークが表示された後のタイトル。その背景に聞こえてきたのは、初代ゴジラの咆哮。それだけで息を呑みました。それだけにとどまらず、随所に使用されるBGMは伊福部昭氏がかつて作曲した名曲の数々をアレンジしたもの。そして止めといわんばかりのエンディングスタッフロールで流れる反則原曲メドレー。映画は終わったのになお胸が熱くなります。

あえて気になる点を挙げよ

 上記のとおりゴジラに対する人類側の対応を中心に据えた結果、人間ドラマ的な部分は最小限にとどまっています。別段私はその辺りは気にならず、むしろ余計な情報が増えなかったことでより映画にのめりこむことができたように思いますが、そこはやはり人それぞれでしょう。

 また、庵野監督といえばエヴァの監督でもあり、シン・ゴジラにおいてもたびたびエヴァのような展開があります。とあるレビューで見たものをそのまま使わせていただくとすれば『汎用人型決戦兵器不在の新世紀エヴァンゲリオン』。まあその辺の説明は省かせていただきますが。

 それに付随しますが、作中で何度かエヴァのBGMが使用されています。少しばかり、それが引っかかりました。

 あとひとつ挙げるとするならば。あの似非アメリカ人のような日本語と英語が入り混じった話し方をするカヨコ。あれに関しては最後まで微妙といわざるを得ませんでした。

 ともあれ、私としてはこれぞゴジラ映画! としてお勧めできる作品です。従来のゴジラファンのみならず、これまでゴジラに触れたことがない方にもお勧めできるかと。

2016年8月4日:筒狸

『映画』関連記事