無銘図書館

映画『二度めの夏、二度と会えない君』感想

 映画『二度めの夏、二度と会えない君』が公開されました。元々の期待値はそんなに高くなく、むしろ期待はしていませんでした。なお、映画レビューにつきネタバレを含みますのでご注意を。まあ、原作自体は結構前に出ているものですし、いいかな、なんて。

予想外によかった

 ひとまずはこれに尽きます。そりゃ期待値低かったんならそうなるだろうとは思いますが、普通に一つの映像として見れたのと、原作のよさを損なっていない点において成功といっていいのではないでしょうか。

 まあ流石に映画一本で話をまとめるのは難しかったのか、姫子に関しては結構思いっきり改変して話もざっくりカットし、六郎との出会いも、元は六郎が智達のところにやってきたのに対し、映画では智達三人が美術室に凸ったりと、話の大筋に影響が出ない程度の変更はありましたけど、それに関して違和感を覚えるということはありませんでした。

 肝の一つといえる燐がちゃんと燐だったのも好印象でした。他の面々もほぼ違和感なく世界観に溶け込んでいたと思います。まあ六郎の髪の色に関しては多少違和感というか、変な印象がありましたけど。ただ、六郎のキャラクター性を強調するのであればありかなとも思います。

気になったところがなくはない

 まあそりゃそうですけどね。

 原作の小説は智の一人称で構成されており、智の心理描写、智から見た二度めの燐に重点が置かれています。その点を映像でどう表現するのか……冒頭いきなり智の独白から始まったときは、「あー……どうしよ」と思いました。

 確かに映像だけで二度めの夏に臨む智の心情、燐を最後まで笑顔でいさせたいという決意を描くのは難しいのかもしれません。

 大本の原作であるガガガ文庫版でも一度めの夏が明確に描かれていたのは冒頭部分だけでしたし、そもそも一度めの夏まで映像化してしまうと尺がいよいよ足りないわけで。

 だからある程度智の独白は必要でしょう。ただ、それが少々多すぎたというか、もう少し行間読み的なものが欲しかったとは感じました。まあ、原作を読んでいるからこそそう思ったのかもしれませんけど。

 あとはカメラワークにいくらか拙いと感じる部分があったかな、なんて。そのあたりは正直何とも言えませんけども。

まとめ

 見て損はないと思います。できれば見た後でも見る前でもどちらでもいいので原作を読んでいただきたいところ。現在、小学館文庫から書き下ろしを追加したものが出ていますし、今買うならそちらでしょうか。コミカライズもされていますのでそちらでもいいでしょう。

2017年9月2日:筒狸

『映画』関連記事