やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい2

やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい2

 グランドラ王との戦争での功績により、金貨姫フローリンから故郷タウシノの領主に任命されたガーディ。その役職は名ばかりながらも、ガーディの存在を警戒する姫の臣下も現れた。そんな中、ガーディは自身の存在価値を証明する必要から、亜人種や土着勢力が入り乱れるタウシノの平定を名乗り出る。だが、兵士も連れず傭兵も雇わずに味方は無理矢理ついてきたナロルヴァ一人だけ。誰もが無謀な絵空事だと考えた、たった二人の森州平定戦――それは、大軍師が冴え渡る軍略によりその名が歴史の表舞台に刻まれる燦然と輝く偉業の始まりだった――異端のヒロイック・ファンタジー。第2弾!

やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい2 | やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい | 書籍 | MF文庫J オフィシャルウェブサイト
作者
芝村裕吏
イラスト
片桐雛太
発売
2020年2月
レーベル
MF文庫J
ジャンル
アクションファンタジー戦記

各ストアの商品ページはこちら

同作者の他タイトル

Not Found

エントランスへReturn to Entrance

他の条件で検索

刊行年