隣のキミであたまがいっぱい。

隣のキミであたまがいっぱい。

 同じクラスになった如月は、『他人の思考が読めてしまう』らしい。

 この『読めてしまう』と『読める』の差は大きく、自分の意思にかかわらず常に他人の考えていることが聞こえてくるのには、彼女もうんざりしているという。

 まあだからといって同情はするが、俺に出来ることなんてない。

 そう思っていたんだが……。

 どうやら俺の隣にいると、彼女の力は俺だけに限定されて、静かで落ち着くらしい。

 だからって、距離感おかしくないか!?

 いやべつに、俺は美少女がそばにいるからって、ドキドキなんかしていないから!!

 ――そう、今日もまた俺は彼女に思考を読まれている。

隣のキミであたまがいっぱい。 | 書籍 | MF文庫J オフィシャルウェブサイト
作者
城崎
イラスト
みわべさくら
発売
2020年1月
レーベル
MF文庫J
ジャンル
恋愛

各ストアの商品ページはこちら

シリーズ一覧

同作者の他タイトル

Not Found

エントランスへReturn to Entrance

他の条件で検索

刊行年