サトコのパン屋、異世界へ行く3

サトコのパン屋、異世界へ行く3

 おじいちゃんの石窯の向こうは、ブーランジェリー松尾のオーブンの中だった。鬼の操る暗闇の獣から逃れ、サトコは母、そしてマーロウと再会する。皆の安否が気になって仕方ないサトコを、母はそっとたしなめる。「もうやめときな。あんた普通の子なんだから」だからといって、このままになんかできやしないサトコ。コズサ姫を迎えに行くというマーロウにくっついて、向かった先は竜巻山。そこにいたのは石窯ではぐれたコズサ姫。そしてマーロウの実の兄、大魔法使いハーロウだった。姫を子どもに変えた“悪の魔法使”その人である。見守るサトコの前で『あの日あの夜』の出来事が語られる。ハーロウが姫に魔法をかけたその理由、それを解くための鍵のこと。敵か味方か判然としない魔法使いに、コズサ姫は要求をつきつけるのだが―――。

サトコのパン屋、異世界へ行く3 | ヒーロー文庫
作者
塚本悠真
イラスト
丹地陽子
発売
2019年9月
レーベル
ヒーロー文庫
ジャンル
ファンタジー

各ストアの商品ページはこちら

シリーズ一覧

同作者の他タイトル

Not Found

エントランスへReturn to Entrance

他の条件で検索

刊行年