傭兵団の料理番4

傭兵団の料理番4

ニュービストでの騒動を終わらせたシュリたちガングレイブ傭兵団は、来たる冬へ向け、別の街で年明けを待つことにした。到着した街で休息を取る傭兵団の元に地元領主が訪れて戦の依頼をする。ガングレイブは気乗りしなかったものの、戦の規模と報奨金の額を提示され、冬越えに支障はないと依頼を受けた。しかし、これが後に大きな後悔となる。条件になかった領主の息子の帯同、提案の無視、罵倒、デタラメな戦略で戦況は悪化し、ついには敵の得意な山中へおびき寄せられる。相手の絶え間ない奇襲と強襲。しかも領主の息子が勝手に戦線を離脱。ガングレイブ傭兵団は戦場に取り残されてしまうのだった。

傭兵団の料理番4 | ヒーロー文庫
作者
川井昂
イラスト
四季童子
発売
2017年10月
レーベル
ヒーロー文庫

各ストアの商品ページはこちら

シリーズ一覧

エントランスへReturn to Entrance

他の条件で検索

刊行年