ハル遠カラジ4

ハル遠カラジ4

「……次はこの子が、自らの幸福を掴む番ですから」

ライドーに連れ去られたハルの行方を追い、極東のウラジオストクに到達したテスタとイリナ。

そこでは生き残った人間たちが、飢えや貧困に苦しみながらも、地下に街を築いて生活していた。

ハルの行方の手がかりをつかむため、さらには知性機構に損傷を負ったアニラの修理のために、表向きは地下住人に従うテスタたち。

テスタは人工知能たちが作り上げた宗教機構・Atheistの構成員が地下にいることを知り、その者と繋がりを持つというAI研究者・オルガとの接触を待ち望む。しかし、突如現れたダスマンの襲来によって、テスタは地下に漂う不穏の正体を知ることに。

さらには、人間を消失させたバベルの真の目的にも期せずして近づいていく。

バベルとはいったい、何者だったのか。

彼女はなぜ、言語を放棄した『人間』を造ろうしたのか。

真実に触れたとき、テスタは思いがけない形で主人との再会を果たすことになる。

苦悩と罪、後悔と自責。

その末に、テスタが親として下した最後の決断。

獣だった娘と、病を患った軍用ロボットの親子の旅路は、ついに、終着を迎える。

ハル遠カラジ 4 | 小学館
作者
遍柳一
イラスト
白味噌
発売
2020年11月
レーベル
ガガガ文庫

各ストアの商品ページはこちら

エントランスへReturn to Entrance

他の条件で検索

刊行年