きのうの春で、君を待つ

きのうの春で、君を待つ

 17歳の春休み。

 東京での暮らしに嫌気が差した船見カナエは、かつて住んでいた離島・袖島に家出する。そこで幼馴染である保科あかりと2年ぶりの再会を果たした。

 その日の夕方、カナエは不可思議な現象に巻き込まれる。

 午後6時を告げるチャイム『グリーンスリーブス』が島内に鳴り渡るなか、突然、カナエの意識は4日後に飛んだ。混乱の最中、カナエは憧れの存在だったあかりの兄、保科彰人が亡くなったことを知らされる。

 空白の4日間に何が起きたのか。困惑するカナエを導いたのは、あかりだった。

「カナエくんはこれから1日ずつ時間を遡って、空白の4日間を埋めていくの。この現象を『ロールバック』って呼んでる」

「……あかりはどうしてそれを知っているんだ」

「全部、過去のカナエくんが教えてくれたからだよ」

 『ロールバック』の仕組みを理解したカナエは、それを利用して彰人を救おうと考える。

 遡る日々のなかで、カナエはあかりとの距離を縮めていくのだが……。

 甘くて苦い、ふたりの春が始まる。

きのうの春で、君を待つ | 小学館
作者
八目迷
イラスト
くっか
発売
2020年4月
レーベル
ガガガ文庫
ジャンル
ヒューマンドラマ恋愛

各ストアの商品ページはこちら

同作者の他タイトル

Not Found

エントランスへReturn to Entrance

他の条件で検索

刊行年