出会ってひと突きで絶頂除霊!6

出会ってひと突きで絶頂除霊!6

 ――サキュバスの腕

 それは有るはずのなかった「九つ目」のパーツ。そしてそれに宿るミホトとは。

 サキュバスの角を身に宿し、さらには魔族アンドロマリウスにさらわれた童戸槐。

 不測の事態が続くなか、退魔師協会は国内の十二師天を召集し、退魔師総勢1400名に及ぶ大規模作戦を展開する。

 さらには絶頂除霊の能力により、数々の事件を解決に導いてきた晴久たち学生チームにも召集がかかった。

 だが、救出作戦を進めるなか、槐に憑いたサキュバスパーツの侵食が進んでしまう。

 そうして顕現した能力は、射抜いた相手の感度を感度を3000倍にする呪い。

 風が吹くだけでも人を絶頂させるその能力は、退魔師たちを次々に再起不能にしていく。

 かくして、槐救出作戦はサキュバスパーツ討伐作戦へと姿をかえてゆくのだった――。

 憑依者を殺害するか封印するかの選択肢しかないサキュバスパーツ。

 だが、その希望はサキュバスパーツに取り憑かれても正気を保ち続ける晴久と美咲の存在にあった。

出会ってひと突きで絶頂除霊!6 | 小学館
作者
赤城大空
イラスト
魔太郎
発売
2020年3月
レーベル
ガガガ文庫
ジャンル
アクションコメディファンタジー

各ストアの商品ページはこちら

シリーズ一覧

同作者の他タイトル

エントランスへReturn to Entrance

他の条件で検索

刊行年