下ネタという概念が存在しない退屈な世界10

下ネタという概念が存在しない退屈な世界10

 藻女の策謀によって、善導課に捕らえられてしまった狸吉と綾女。二人を失った《SOX》は彼らの奪還に動き出した。

 しかし、獄中にて狸吉は独りを良いことに、しっかりと次なる作戦を自家発電していた。

 藻女の企む、半世紀出生率ゼロ政策。そんな調教施策を許せば、この国にもはや未来はなく、本当に下ネタという概念が存在しない退屈な世界へと突き進む事となる。

 狸吉は、残る《SOX》のメンバーの力を借り、綾女の収容される北の大地の監獄《ヘルサウンド》における大脱獄作戦を立案した。

 それは下ネタテロ史に残る一大テロ行為。全国に散らばる変態や、四大下ネタテロ組織、さらには鬼頭慶介までをも巻き込んだ、狸吉一世一代の作戦が始まる。

 一方、綾女は北の獄中にて、伝説の下ネタテロリスト・奥間善十郎との邂逅を果たす。新世代のカリスマ《雪原の青》と生きる伝説・善十郎のランデブーは、獄中に一筋の光明を示す……のだろうか?。

 旧世代、新世代のペロリスト達が手を結び、いま世代を超えたエロへの欲求がこの国を変える――!

 かつてない物量で贈る変態の数々に、君はついて来られるか!?

下ネタという概念が存在しない退屈な世界10 | 小学館
作者
赤城大空
イラスト
霜月えいと
発売
2015年9月
レーベル
ガガガ文庫
ジャンル
ギャグコメディ

各ストアの商品ページはこちら

シリーズ一覧

同作者の他タイトル

エントランスへReturn to Entrance

他の条件で検索

刊行年