下ネタという概念が存在しない退屈な世界9

下ネタという概念が存在しない退屈な世界9

「――耳かきと大人ペニスの違いって、なんなのかしらね?」

「先輩はバカなんですか?」

 アニー襲来を乗り越え、再び下ネタテロ組織としての活動を続ける華城綾女(かじょう・あやめ)たち《SOX》の面々。

 だが下ネタを解放することはできぬまま、時は刻々と過ぎていく――。

 奥間狸吉(おくま・たぬきち)たちが通う時岡学園も卒業式の時期を迎えた。早乙女乙女(さおとめ・おとめ)の卒業。不破氷菓(ふわ・ひょうか)の生徒会入り……。

 しかし、そこにアンナ・錦ノ宮(にしきのみや)の姿はない。

 《SOX》は怒っていた。

 なんでもイキすぎれば崩壊する。

 いきすぎた下ネタ規制は、イキすぎたAV女優のごとく、その痴態をさらしている。

 性知識を持たぬばかりに傷つき、ひきこもるアンナのためにも、下ネタを解放しなくては……。

 そして《SOX》のもとに、アニーからの情報が届く。

 国会図書館の地下に眠る、数多のエログッズと利用者データの存在。

 それは、規制を主張する人間たちの、恥部を貫くビッグマグナム。

 《SOX》は、性なる武器を手にするために、地下に潜んだエロの楽園へと向かう!

 絶対規制なんかに負けたりしない!

下ネタという概念が存在しない退屈な世界9 | 小学館
作者
赤城大空
イラスト
霜月えいと
発売
2015年6月
レーベル
ガガガ文庫
ジャンル
ギャグコメディ

各ストアの商品ページはこちら

シリーズ一覧

同作者の他タイトル

エントランスへReturn to Entrance

他の条件で検索

刊行年