二度めの夏、二度と会えない君

二度めの夏、二度と会えない君

 きっと、「好き」という言葉は罪だった。

 森山燐(もりやま・りん)は生まれつき不治の病を患っていた。

 俺は、それを隠して高校生活を送っていた彼女を好きになってしまっていた。高校最後の文化祭で、一緒にライブをやり、最高の時間を共に過ごし――そして、燐は死んだ。

 死に際の彼女に、好きだ、と――決して伝えてはいけなかった言葉を、俺は放ってしまった。

 取り乱す彼女に追いだされて病室を後にした俺には、一言「ごめんなさい」と書かれた紙切れが届けられただけだった。

 あんな気持ち、伝えなければよかった。

 俺みたいな奴が、燐と関わらなければよかった。

 そして俺は、タイムリープを体験する。

 はじめて燐と出会った河原で、もう一度燐と出会ってしまった。

 ずっと、会いたいと思っていた燐に、あの眩しい笑顔に再び……。

 だから、今度こそ間違えない。

 絶対にこの気持ちを伝えてはいけないから。

 最後の最後まで、俺は自分の気持ちを押し殺と決めた。

 彼女の短い一生が、ずっと笑顔でありますように。

二度めの夏、二度と会えない君 | 小学館
作者
赤城大空
イラスト
ぶーた
発売
2015年1月
レーベル
ガガガ文庫
ジャンル
恋愛

各ストアの商品ページはこちら

同作者の他タイトル

エントランスへReturn to Entrance

他の条件で検索

刊行年