下ネタという概念が存在しない退屈な世界3

下ネタという概念が存在しない退屈な世界3

「白いカラスや白いヘビは神聖視されるのに、どうして白いパンツは神聖視されないのかしらね」「……やめろ」

 時岡学園に入学し、下ネタテロリストになって初めての夏休み。主人公・奥間狸吉(おくま・たぬきち)ら《SOX》一同は、リーダーの華城綾女(かじょう・あやめ)に連れられて、朱門温泉(あけかどおんせん)にやってきていた。

 朱門温泉といえば、第一清麗指定都市が誇る超有名な温泉街。高級旅館で女将をやっている撫子(なでしこ)さんは、どうやら綾女の後見人らしく、狸吉たちも呑気に二泊三日の旅を満喫するつもりでいたのだが……。狸吉の中学時代の同級生・濡衣ゆとり(ぬれごろも・ゆとり)との出会いから、旅行はおかしな方向へ。元ヤンの撫子は、一連の下ネタテロ事件の影響で、知名度ばかりが上がって実力の伴わない《SOX》を、ガンガンに鍛え直すつもりで綾女たちを呼びつけたのだった……!

下ネタという概念が存在しない退屈な世界3 | 小学館
作者
赤城大空
イラスト
霜月えいと
発売
2013年4月
レーベル
ガガガ文庫
ジャンル
ギャグコメディ

各ストアの商品ページはこちら

シリーズ一覧

同作者の他タイトル

エントランスへReturn to Entrance

他の条件で検索

刊行年