むすぶと本。『嵐が丘』を継ぐ者

むすぶと本。『嵐が丘』を継ぐ者

本は読み手を、いつも見守ってくれている。本の声が聞こえる少年・榎木むすぶが、学園のアトリエを訪れると妖精が泣いていた。妖精のような少女は姫倉蛍といい、悠人先輩の妹だという。むすぶは先輩から妹が本に“罹患”しているのではないかという深刻な相談をされる。本と深く共鳴する“罹患”は、時に人を破滅的な行為に走らせてしまう危険な状態だ。さっそく蛍をよく知る本たちに話を聞きに行ったむすぶは、思わぬ壁にぶつかってしまい――。むすぶは本の言葉を解き明かし、少女の涙の理由を知ることができるのか!?

むすぶと本。 『嵐が丘』を継ぐ者 | 書籍 | ファミ通文庫 | KADOKAWA
作者
野村美月
イラスト
竹岡 美穂
発売
2020年11月
レーベル
ファミ通文庫

各ストアの商品ページはこちら

シリーズ一覧

エントランスへReturn to Entrance

他の条件で検索

刊行年