豚のレバーは加熱しろ(2回目)

豚のレバーは加熱しろ(2回目)

剣と魔法の国に再び豚として参上! しかし肝心のジェスがいない。なぜだ! ジェスたそをブヒブヒ舐め回したい一心でやってきたというのに……!

……失礼、違うんだ。俺が少し離れている間に、闇社会の連中が王朝に反旗を翻して、この国は今大変なことになっているらしい。俺がここに再臨したのは、そんななかイェスマ解放を目指し戦うイケメン狩人ノットに協力し、残酷な運命を課されたイェスマたちを救うため。

べ、別に、ジェスへのガチ恋が溢れて会いたくて会いたくて仕方がないだなんて、これっぽっちも思ってないからな!

「くそどーてーさんも、私と同じなんですね。いつか私もノットさんに……」

こらセレス、地の文を読むんじゃない。あとその呼び方、どうにかならないか?

豚のレバーは加熱しろ(2回目) | 豚のレバーは加熱しろ | 書籍情報 | 電撃文庫・電撃の新文芸公式サイト
作者
逆井卓馬
イラスト
遠坂 あさぎ
発売
2020年8月
レーベル
電撃文庫

各ストアの商品ページはこちら

シリーズ一覧

エントランスへReturn to Entrance

他の条件で検索

刊行年