やがて君になる 佐伯沙弥香について3

やがて君になる 佐伯沙弥香について3

『だってわたし、今、あなたのことが好きだもの』

 それは何年ぶりの『出会い』だっただろうか。大学二年生となった沙弥香を慕う、一つ年下の後輩・枝元陽。

 今まで沙弥香が好きになってきた人の誰からも遠いその雰囲気。眩しいくらい積極的に好意を伝えてくる陽に初めは警戒しながらも、やがて彼女からの気持ちに応えるように、沙弥香は恋の形を模索する。

――誰かに恋をする度、星に手を伸ばすようだった。とても綺麗で、ただ届かない。それでも。その星に触れてみたいと、今度こそ。

 沙弥香の恋の物語、完結編。

やがて君になる 佐伯沙弥香について3 | 書籍情報 | 電撃文庫・電撃の新文芸公式サイト
作者
入間人間
イラスト
仲谷鳰
発売
2020年3月
レーベル
電撃文庫
ジャンル
ヒューマンドラマ恋愛

各ストアの商品ページはこちら

シリーズ一覧

同作者の他タイトル

Not Found

エントランスへReturn to Entrance

他の条件で検索

刊行年