安達としまむら9

安達としまむら9

安達と出会ってからの一年が割と濃いから、過去が遠くなっているのを感じる。良くも悪くも、安達は印象的なので他の記憶を上書きしてしまう。わたしはいつか、安達との過去だけで埋め尽くされるのかもしれない。

私には思い出というものがおよそ欠けている。そして、私には今にしかしまむらがいない。少なくとも、今この時は。一年前はまだちゃんと覚えていて、そこにある。だから昔じゃない。私は、いつかしまむらと過去を過ごせるだろうか。

安達と出会う前のしまむらと、しまむらと出会ってからの安達。少しずつ何かが変わっていく。そんなお話。

安達としまむら9 | 安達としまむら | 書籍情報 | 電撃文庫・電撃の新文芸公式サイト
作者
入間人間
イラスト
のん
発売
2020年10月
レーベル
電撃文庫

各ストアの商品ページはこちら

同作者の他タイトル

エントランスへReturn to Entrance

他の条件で検索

刊行年