魔弾の王と凍漣の雪姫6

魔弾の王と凍漣の雪姫6

ブリューヌ王国に激震が走った。自らを王の落胤であると名のる青年が現れたのだ。彼の名はバシュラル。厳重な調査の末にバシュラルは認められ、正式に王子となった。そして、大貴族であるガヌロン公爵が彼の後見役となった。ガヌロンの支援を得たバシュラルは各地を転戦して武勲を重ね、諸侯の支持を得ていく。ごくわずかな期間で、彼は次代のブリューヌ王となるレグナス王子に対抗しうる存在となった。冬の終わりのある日、バシュラルはついにある行動を起こす。だが、そこに計算外の要素が現れた。黒騎士ロランの守るナヴァール城砦から火の手があがったという知らせを聞いて急ぎ駆けつけたティグルとミラたち、そしてレグナス王子の腹心のひとりリュディエーヌである。リュディエーヌと出会ったティグルは、ブリューヌの歴史を大きく変えるであろう出来事に自ら関わっていく。人気シリーズ、急展開の第6弾。

魔弾の王と凍漣の雪姫 6/川口 士/美弥月 いつか | 集英社の本 公式
作者
川口士
イラスト
美弥月 いつか
発売
2020年7月
レーベル
ダッシュエックス文庫

各ストアの商品ページはこちら

シリーズ一覧

同作者の他タイトル

エントランスへReturn to Entrance

他の条件で検索

刊行年