無銘図書館

一人称、二人称、三人称

 小説の書き方において一番分類しやすいものといえば、やはり『地の文の立ち位置』でしょう。つまりは『一人称小説』なのか『三人称小説』なのか、はたまた『二人称小説』なのか

 『最近のラノベには一人称が多い』という記事をいくつか拝読しました。しかしながら実際のところどうでしょうか。そもそもラノベだから多いのか、それとも全体的に多くなっているのか。それぞれの人称視点の利点などから、色々と見てみたいと思います。

本記事は16年8月14日に公開し、17年10月29日に大幅修正されています

大前提として

 まず結論を申し上げますと、なろう系の刊行が増えたことにより一人称小説が増加したように見えて、実際のところは行っても半々……いや、全体の三割から四割程度ではないでしょうか。

 勿論『なろう系=一人称』というわけではありませんから実は増えたという現象そのものがただの錯覚という可能性もあります。というわけで、冊数的には少ないですがこれまで当館で取り上げたラノベ、最近かどうかは置いておいて、読んだことがあるラノベを、それぞれ人称ごとに区分してみたいと思います。

  1. 一人称視点(順不同)
  2. 二人称視点
    • 図書迷宮
  3. 三人称視点(順不同)

 勿論これが私が読んだものの全てではありませんし、直近で刊行されたラノベ全てのデータを取ったわけではありません。

 しかしながらそれらのデータを揃えたとして、果たして何かの役に立つのかというと……正直、何の役にも立たないかと思います。一人称がどうとか、三人称がどうとかは結局のところ何に重きを置くかとか、書き手の得手不得手とかによって違ってきますし、多いからどうだと言えるようなものではありませんから。

NEXT:人称視点によるメリットデメリット

1
2

2016年8月14日:筒狸

『コラム』関連記事