無銘図書館

元地方書店員が軽めに見る紙媒体の今後

直接取引

 現状のシステムではどうしても出版物全ての全国一斉発売は不可能。そのシステムを抜本的に改善しなければならないようです。とはいえ取次を介さずというのは難しい。

 勿論出版社によっては各書店と直接やり取りしているところもありますが、流石に業界大手の出版社で直販となると厳しいでしょう。というか、仲介たる取次が消滅した場合、それこそ地方の小さい書店は軒並み店を畳むことになると思います。取次が書店と出版社の間に立ってくれていなければ、書店側は出版社ごとに発注を分けなければならなくなるし、返品に際しても出版社別に箱詰めしなければならなくなる。それにとどまらず、今現在取次が行っている諸々の業務が書店に全て降りてくるとなると……

 少し前に、Amazonが一部の書籍に対して直接取引を行うと言い出し、出版業界を騒がせました(→Amazonの宣戦布告 取次通さず出版社との直接取引で攻勢←)。

 確かに取次を間に挟まないということは、発注におけるタイムラグの省略につながるでしょうし、売上増も期待できるでしょう。またもっと単純に、取次に支払われていた利益がよそに分配できるという点においてもメリットとなる。

 直接取引といえば、紀伊國屋書店が村上春樹の新刊を大量に直接仕入れたという出来事もありました。

 ただ、あれの場合はAmazonなどのネット販売への対抗措置という意味合いが強く、『出版社→紀伊国屋→取次→各書店』という異例の流通ルートが組まれました。まあ実際にどれだけの効果があったのかはなんとも判断し難いところではありますが。「よくやった!」という声もあれば「余計なことはするな」的な声もあり、そのやり方自体には賛否両論と言ったところですか。

 ただこの手法、デメリットもあります。

 通常出版物は出版社から取次を介しての委託販売という形態。ですが、紀伊国屋が出版社と交わしたのは買切での取引。つまりは返品不可能な取引です。これはすなわち、売れなければそっくりそのまま不良在庫になるということ。ワンピースや件の村上春樹ならともかく、発行される出版物全てに対して買切契約というのはあまりにもデメリットの部分が大きすぎます。

 このあたりのある種大胆な行動に出られるのはAmazonや紀伊国屋だからこそと言うべきでしょう。地方書店に同じことを要求されても困ります。というか無理です。そして、紀伊国屋だって全部が全部買切というのは不可能かと。

新たな手法を

 こうなってくると流通からどうにかするしかありません。とはいえこちらもそう簡単には行かない。

 物流のメインとなるとやはり陸路。全国一斉でかつ不要な費用はかけないとなると、この流通速度を上げるしかない。しかしそうなるとただでさえブラックな印象が強い流通業が更に黒くなることに……それでは駄目。

 こういうのはどうでしょうか。各出版社の書籍発行を包括して行う下請けを全国各地に配置し一帯を担当地域として設定。出版社はウェブを通じてその下請けに原稿を送る。それを、取次から受けた発注を元に出版物を発行し担当地域の各書店に発送。これならば取次を省く必要もありませんし、書店は地方首都圏を問わず発売日に出版物を店頭に並べられる。返品については現状でも『雑誌はここ、書籍はここ、コミックはここ』という風に決められていますのでそれを変更する必要はないでしょう。

 勿論工場の新設や従業員の雇用はどうあがいても必要になりますが、少なくとも『地方書店を救う』『ウェブに対抗する』という意味においては効果はあるように思うのですが。それに、雇用が増えればその分経済活動にプラスに働くでしょうし。

 ……まあお気づきの方もいらっしゃるでしょうが、要はAmazonの手法に近いです。Amazonの倉庫は全国に存在しており、それが発送から着荷までの迅速さを実現しています。そういう、明らかにプラスになることを色々なところに応用すればいいのになぁと思いつつ、でも結局改善されないんだろうなぁとも考えてしまう。旧態に囚われすぎるというのも日本の悪癖か。

 とはいえ、一個人がすぐに思いつくような手法ですから、誰も提案してみていないとは考えられない。旧態云々以前に、私が気づいていないとんでもないデメリットが存在するのかもしれません。

NEXT:電子書籍 VS 紙媒体

1
2
3

2017年8月29日:筒狸

『コラム』関連記事